白覆面デジタル日記

sirofuku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 22日

”しましまタウン”と”とうふ屋うかい”

「早く行くよ~」と催促されて目が覚めたら、あぶ子と妻は既に着替えを済ませて準備万端。
c0155932_23211826.jpg

あぶ子の気合が感じられるなぁ~






新宿から電車で溝の口のマルイにある「しましまタウン」へ。
ここには最近お気に入りの”しまじろう”に会いに来ました。土曜日の午前中だからなのか結構空いてて、しまじろうと2ショットで記念撮影。
c0155932_23323365.jpg


しましまレストランでお料理して御機嫌のあぶ子
c0155932_2333315.jpg


しまじろうのダンスショーが始まります。お姉さんが子供たちに注意事項を説明して、「約束まもれるかな~」問いかけている風景。白覆面は手を挙げなかったのですが、回りの親は結構手を挙げていました。大人のマナーとしては挙手するべきなのか?
c0155932_2334535.jpg


ノリノリでしまじろうと踊るあぶ子。しかし”しましまタウン”にアンパンマンのパーカーで来てしまってスイマセン。午後からアンパンマンミュージアムに行くもので ( ノ゚Д゚) すまん
c0155932_2334231.jpg


片膝で延々と手拍子を打っているお姉さん、早く檀上に上がれるようになるとイイネ!とこれでしましまタウン終了。
「リアルしまじろうは思ってたよりデカくて、可愛くなかった」と後日談。アニメを実写化した時に感じる違和感と同じようなモンか?
c0155932_23344650.jpg


さて、更に電車に乗り鷺沼の「とうふ屋うかい」にやって参りました。この日は晴天で東京のサクラ開花日でもありました。あ~暖かくて気持ちいい~でココがとうふ屋の中庭です。
c0155932_23351614.jpg


中庭にある離れに案内されました。
c0155932_23354619.jpg


なかなかイイ雰囲気です。子連れなので離れの方が周囲に気を使わずに済むので助かります。(子連れのグループを何組も見かけたので、最低限のマナーを守れば必要以上に気を使わなくてもいいお店のようでした)
c0155932_23361143.jpg


本日のメニュー、メイン料理には「豆水どうふ」をチョイス。さぁ食べるよ~
c0155932_23385217.jpg


まずは「胡麻とうふ」胡麻の香りが食欲をそそりますなぁ~
c0155932_23393722.jpg


季節の盛り合わせ(2人前) まあ前菜ですわ!
c0155932_2340093.jpg


一口でパクリと頂きました。
c0155932_23402729.jpg


和えものも非常に上品なお味です。
c0155932_23404887.jpg


ヤマメの揚げもの、頭からバリバリ頂きました。内臓のニガ味があぶ子にはキビしかったようです。
c0155932_2341955.jpg


大きな口を開けて頂いております^-^
c0155932_23413451.jpg


続いては「あげ炭火焼」お好みで薬味つけて頂きます。あげに美味いも不味いもないと思ってましたけど、雰囲気の呑まれたのか?妻と「美味いな~」と言いながら頂きました^^
c0155932_23415212.jpg


「白魚茶碗蒸し」これは絶品、出汁が美味いんですわ。以前なだ万で食べた時も思いましたが、和食はダシですわ、ダシ!
c0155932_2342975.jpg


さあ、メインの豆水とうふの準備かな?(ガスぢゃなくて)ちゃんと炭です。
c0155932_23422999.jpg


テーブルにセッティング完了。いい香りが部屋の中に充満してます。
c0155932_23425042.jpg


おお~っと、興奮して写真撮るの忘れたぁ~(半分以上食べて気づいた)
味は衝撃的。こんな豆腐たべた事ないぞ~柔らかくて口当たりが良く、プリンみたいな感じと表現すれば良いのか。こうなると「くみあげ豆腐」も気になるなぁ~
c0155932_23432849.jpg


鶏串焼、肉も柔らかくて美味しいかったけれど、これは北海道でも食べられます。
c0155932_23435398.jpg


シメの穴子ちらし、まあ普通。
c0155932_2344133.jpg

この後、デザートに白玉ぜんざいが出て昼食終了。少し中庭を散歩して”とうふ屋うかい”を後にしたのでした。

さすがミシュラン東京で星を獲得したお店(と同じ味)、十分満喫させて頂きました。

長くなったので明日へ続く・・・

E-3
ZD 12-60mm SWD

[PR]

by sirofukumen | 2008-03-22 13:00 | 旅行


<< アンパンマンミュージアムと萬珍...      いざ東京へ! >>