白覆面デジタル日記

sirofuku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 29日

auショップからの電話

本日、auショップからW61S修理完了の電話が入りました。
一応妻のW61Sとテレビ電話ができるよう修理されている事を確認するために、一旦家に戻りW61S持参で受取に行って参りました。

前回受付てくれた担当者とは違う方だったですが、、、、

 店  員「修理中はテレビ電話の状態が再現致しませんでしたが、一応基盤交換致しました」
 白覆面「そうですか、使えるようになっていればいいですよ、早速試験しましょうか」
 店  員「了解致しました、お待ち下さい」

となにやらキーボードをカタカタ叩きながら待つこと1分・・・何かの登録が終わったらしく、店員と通信試験を実施した結果良好で、無事テレビ電話が使えるようになりました。

万歳!万歳!万歳!万歳!






カタカタ・・・

あれ、なんか・・・

カタカタカタカタ・・・

もしかして、スライドのガタ?

修理してあるハズだよね?と思いながら修理報告書を見てみると、スライドのガタについては一言も修理したと書いてないし、問題無いとも書いてない。
もしかして修理してないのぉ~( ̄へ ̄^)

(軽く憤ったあと)店員に再度スライドガタの説明をすると、しばらくチェックして「これは酷いですね、明らかにガタガタしてます」と感想を述べ(申し訳なさそうに)「おかしいですね、メーカーでチェックしてるハズなんですが~」と説明(見方によっては言い訳)してくれました。こんな事もあろうかと修理依頼書の控を持参していたので、それを見せスライドガタの修理依頼をしてある事を確認してもらい、依頼に対して修理されていない事についても認めてもらいました。

さて、こうなるとまた1週間近くW61Sは入院生活になります。前回同様代替機はW43CAという今白覆面が使ってる機種になると言うので、流石に少しゴネてもバチは当たらないだろうと思い「テレビ電話使える機種にしてください」と蚊の鳴くような小さい声で申し出てみると、アッサリW54Sが出てきました。
c0155932_2212434.jpg

auさんよぉ~(スクールウォーズの松村雄基風に)
やればできるんぢゃね~かゴルァ~ヽ(`∧´#)ノ(我を忘れつい汚い言葉になってしまいました、すいません)

こうして、また航空便で本州の何処かの修理工場へ運ばれる白覆面のW61Sなのでした。
[PR]

by sirofukumen | 2008-08-29 22:31 | 周辺機器


<< タイ      姉弟の絆 >>