白覆面デジタル日記

sirofuku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 12日

FX-500の高感度特性に迫る

【カメラに興味の無い方は全く面白くない内容となっております】

表題のとおり、先日入手したFX-500の高感度特性について実験してみました。
購入時にリコーのR-8、フジのFd100と迷ったのですが、コンデジには、一眼レフには無い「スピーディーに鞄から取り出し、軽やかに撮影する」事を期待しているため、画質よりも「ササッと取りだして、何も考えずにシャッター切ったとき一番いいのはどれか」という要素を重要視し、非常に優秀だと評判の「おまかせAi」を搭載しているFX-500に落ち着きました。

さて、本題の高感度特性




基本のISO100です、結構いいんでない♪
【露出優先モード ISO感度100 SS1/6秒 F3.6】
c0155932_22425597.jpg

ISO200、問題ないっす。
【露出優先モード ISO感度200 SS1/13秒 F3.6】
c0155932_2243792.jpg

ISO400、健闘してると思います、はっきり言ってL版プリントまでなら問題ないかと。
【露出優先モード ISO感度400 SS1/25秒 F3.6】
c0155932_22431556.jpg

ISO800、生データををPCで見るとノイズが目立ち始めますが、640×480にリサイズしてブログに乗せる程度なら問題ないですね。ISO100と比べると多少立体感が失われてるというか、平面的な絵になっているのは仕方ない。
【露出優先モード ISO感度800 SS1/50秒 F3.6】
c0155932_22432951.jpg

ISO1600、リサイズしてもノイズが目立ちますが、仕事用であればこのくらいでも問題なし。SONYのT-3はISO400でもコレ以上酷かったので。
【露出優先モード ISO感度1600 SS1/100秒 F3.6】
c0155932_22433882.jpg


実験結果から4年前の機種と比べ高感度特製は飛躍的に向上しており、ISO400まで実用可能、仕事用であればISO1600までOKという結論になりました。
しかし感度を1段上げると教科書通りSSが2倍になっていきますねぇ。まあ当たり前なですけど^^

いつになるか判りませんが次回は「顔認識はどこまで認識するか」にチャレンジしたいと思います♪
[PR]

by sirofukumen | 2008-07-12 23:05 | カメラ


<< 30年後の君への手紙      また当選 >>